« 2007年10月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月28日 (土)

[観戦記]6/28 水戸3-4仙台 @ひたちなか

第23節 水戸3-4仙台 @ひたちなか市総合運動公園陸上競技場

Img_3024

▲ガソリン高騰、今回も徹底して公共交通機関を使用! ひたちなか開催の参戦は始めてなんですが、行き方がよく分からない・・・。色々調べてみると、東京からはJR常磐線より東海村方面に行く高速バスが便利なことが判明。なんと、競技場のほんの近くにバス停があって、停車してくれるようです。東京からやってくるサポーターは想定していないのか、水戸ホーリーホックの公式WEBにこの行き方は掲載されていません。

運賃もかなりお得で、早割+ネット割をオンラインで決済し、1人片道1700円でした。

Img_3038

▲乗車したのは茨城交通の高速バス東海・勝田線「東海1号」で、「総合運動公園前」で下車します。降りたところは国道245号で、本当に歩いてすぐでした。そういえばこのバス、「原子力機構前行き」ってなってて、何だかすごい行き先だなあ。さすが東海村に行くバス。

Img_3042

▲左はかなり立派な体育館。正面は野球場で、プロ野球も年に1回開催されています(確かヤクルト主催ゲーム)。これをさらに真っ直ぐ歩くと、お目当ての陸上競技場です。

Img_3045

▲陸上競技場のメイン入口です。アウェイサポはこれより左に半周しました。

Img_3051

▲このスタジアムの不満点は、ゴール裏からバックスタンドまで、全幅が芝生だということ。人が通るたびに砂埃が舞うし、ゴール裏からバックスタンドに行くには、写真のように平でない斜めになったところを歩かなくてはならず、足元が不安定に。日立市のスタの方がまだよかったです。

Img_3056

▲でも、噂によるとひたちなか主催はこれが最後とのこと。そうであれば、水戸アウェイがひたちなかでよかったかも。ここは最初で最後の参戦となりそうです。声だし隊は主にゴール裏に集結、狭くて場所取りが大変でした。眺めは、こんな感じ。向こうゴールは何が何だか。

Img_3061

▲仙台からよくぞこんなに集まりました。

<試合雑感>

・いわゆる馬鹿試合。前半のうちに3点リードして、後半3点取られて追いつかれるというあり得ない展開でした。うちのチームは、3点差でも安心できません・・・。

・そんななか、やはり1点勝ち越せたのは結果オーライだけどよかったです。内容は反省すべきですが、ここでドローに終わるよりいいでしょう。

・田村選手の超ロングシュート、向こうのゴールに吸い込まれたのですが、すごいシュートだったのは現地でも分かりました。あとで家でビデオ見て、あまりの凄さに再び驚き。

Img_3075

▲勝つには勝ちましたが、手放しで喜べる内容ではないということで、劇場はナシ。見ていて本当に疲れました。前回の対戦と通算すると、仙台7-6水戸 なんですよね、なんだそりゃ。

Img_3101

▲東京行きのバス停です。左側にさっきいたスタジアムの照明塔が見えます。高速バスの本数はあまり多くなく、このあたりで1時間30分暇を持て余しました。ちょっと歩くけどコンビニに行ったり・・・。バスは10分ちょっと遅れてやってきて、浅草駅前で下車しました。

都心からダイレクトでアクセスできるスタジアム、便利だったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年7月 »